様々な色やデザインの振袖が登場


遊戯王カードは現在のカードゲーム業界の中で大きなシェアを誇るコンテンツです。 そんな遊戯王カードは、店頭には基本的にスターターデッキやブースターパックなどが並びますが、雑誌の特典として付属していたり、専門店等ではバラ売りされていたりします。

また、遊戯王カード専用のプレイマットも販売されています。 年齢層別の遊戯王カードに掛ける金額ですが、年齢層が高くなるにつれ、掛ける金額は減っていきます。

勿論、個人単位の出費は大人の方が断然大きいです。 しかし、大人になるにつれてカード離れをする人が多く、全体の人数に対する大人の占める割合は少ない為、「年齢層別」という見方をするならば、若年層の出費のほうが大きいです。

また、若年層は大人に比べ自由な時間が多いため、大会に参加する人数も多くなっています。 大会に参加するプレイヤーは多くが自身のプレイマットを持参しているため、必然的にプレイマットの売り上げも伸びることになります。

プレイマットはカード単価に比べると非常に高価なため、それも考慮するとやはり若年層のほうが出費が大きいといえます。

とはいえ、若年層といっても若ければ若いほど出費が大きいわけではありません 特に小学生、中学生はそもそも財力が乏しいため、あまりの高額を費やすことはありません。

そう考えると、やはり高校生〜大学生という、財力も多少あり、且つ自由な時間を多く取れるこの年齢層が一番遊戯王カードにお金を費やすことになります。